Synteny

きままにイラストを描いています 日常のこともいろいろ

最近の出来事(2017/9-2017/12)

いろいろと身の回りが忙しくウェブページに手をつけられなかった、と言っているうちにすでに年末。2017年も終わってしまいそうなのでこれまでの出来事をまとめて日記にし、今年最後の更新とします。あと今更トップページの絵も更新しました。細部を直したら全体図もアップします。

 

■The Tain を読む

秋ごろ、何気なく本を探していたときに『トーィン クアルンゲの牛捕りとクーフリンの物語』(アイルランドフューシャ奈良書店)がAmazonのお勧めに出てきました。アイルランドの古い物語群・アルスターサイクルのお話『クアルンゲの牛捕り』を漫画化したものの日本語訳です。

海外の漫画なので日本の漫画を想像するとコマ送りや描き方が独特と感じられますが、絵が非常に力強く美しく、日の光・夕闇・戦場の血、赤・橙・青が登場人物の感情とともに印象的に目に焼きつきます。これは購入してよかった。お勧めの一冊です。

 

ここで活躍する勇敢な戦士クーフリン(クー・フーリン)といえば今までenyaの音楽のタイトルか、最近ゲームで見た程度でしか知識がありませんでした。手持ちの辞書にも詳細まで載っていなかったので非常に興味深く、The Tain(Penguin Classics版、 Ciaran Carson 英訳)を購入して空き時間を見つけては少しずつ読み進めています。

武器を使いこなし様々な敵に堂々と向かっていくクーフリンの戦いぶりに驚き圧倒されるのはもちろん、独特なリズム(繰り返し)のある語り、登場するあらゆる人・自然・世界が細かく色鮮やかに書かれた文章は読んでいて楽しいです。それにしても物語中であらゆる表現を用いて美丈夫と書かれているだけに、riastradh状態は映像として全く想像がつきません。

 

漫画版は重要な部分をうまく抜き出して簡潔にまとめてあります。登場人物の名前の読み・相関関係も分かりやすくなっており、巻末に解説もあるのでこの本であらすじを知った上で英訳版を読むのもありかな、と思います(Ciaran Carson英訳版も巻末に興味深い解説あり)。

東京創元社からCiaran Carson英訳版の日本語訳版が出ているようですがこちらは簡単に手に入りそうにありません。近所の図書館には置いてあるようなので、英訳版を読みきったら借りに行こうと思っています。ケルト神話全体に興味がわいたので、地道に本を集めて読んでいくつもりです。

上記の漫画版Tainの固有名詞の日本語発音等はThomas Kinsella英訳版を参考にしているそうです。槍「Gae Bolga」が「ガ・ボルガ」と表記されており格好良い。

 

■トップ絵について

絵だけはまめに描いていました。タコと一体化したメカ少女。ともかくあらゆる面で計画的に描かなかったことが悔やまれる。最初にイメージをきちんと作っておくべきでした。なんだか何描いてもああすればよかった、こうすればよかったと後悔しかしていない。まあそれも進歩につながるか。頑張ろう。ネタだけはあるので、来年は多少なりとも満足のいく絵が描けますように。

 

それでは良いお年を。

 

広告を非表示にする

コミケお疲れ様でした

C92お疲れ様でした。

暑さを心配して大量の飲み物と冷却用具を持っていったのですがむしろ必要ないレベルで涼しかった…。配置の関係で広い通路部分&風の良く通る場所で非常に快適でした。

今年はTwitterもやめてしまい、あまり告知もなかったのでどうなることかと心配していたのですが、当日は多くの方に本を手にとっていただけて大変うれしかったです。これを機会に当サイト(Synteny)と野跡微明をどうぞよろしくお願いいたします。

※なお、例年と同じく本の通販予定はありません。申し訳ありません。

 

数年はイベント参加できる状態ではないので、しばらくはサイト(ネット上の活動)を中心にしていけたらな、と思います。ネットでしかできないこともあるので活動の機会が狭まったと思わず、むしろ色々なことに挑戦できればいいなあと。

 

■東京観光

1日目イベントが終わってヘロヘロになってホテルに帰還。普段ならイベント終わったらすぐ帰宅→翌日から仕事 なのですが、今回は2泊して観光もしました。時間に余裕があるってすばらしい!3-4ヶ月ぶりに7時間以上睡眠をとって体力回復。

まずはイベント終了後に築地でお寿司&海鮮を楽しみました。どのネタもとてもおいしかった。マグロは身が重く詰まって、普通の刺身(切り身)のサイズなのにまさに肉!というものすごい満足感。ウニは生臭さが苦手だったのですが、クリーミーで甘い全くの別物でむしろ好物になってしまいました。網に載せると花のように開くタコの炙りやプチプチ・コリコリとした食感が今までに無いもずく酢などなど。海鮮好きには築地をおすすめします。新しくて値段も手ごろなビジネスホテルも多いしね。

翌日はスカイツリーへ。あいにくの曇りでしたがまあまあ遠くも見える。上階まで行くエレベーターも内装が凝っていて日本画の世界に紛れ込んだようです。下が混んでいても、展望デッキは十分に歩き回れるレベル。珍しい建物や屋上のペイント(学校名・建物名の記載)にも注目。大阪とはまた違った町並みが面白いです。東京の学校は運動場が砂地ではないところが殆どなんでしょうか。プールも屋上だし。

その後は食事も兼ねて周辺をぶらぶらしていました。スカイツリー近辺は少し離れれば住宅や普通のスーパーも多いのでちょっと懐かしい気分に浸れます。小学校の掲示板にSNSの利用についての注意書きがあったのに「世の中も変わったんだな……」と思いました。

終電ギリギリで大阪に帰りました。

 

今日は一日掃除とパソコンメンテをして終了。連休も終了です。

久々にいい休日だった。

広告を非表示にする

眠気と戦う

久々にpixivに投稿(新刊の表紙の一二三さん)&コミケカタログのお品書きを更新しました。ずっとやらなきゃやらなきゃと思っていたのでようやくホッと一息。ああ値段表示のカードとポップも作らないと。

…ホッとすると同時にああすればよかったこうすればよかった、と後悔したり。

多少は細かく描けるようになったんだろうか。一枚描けば0.1パーセントくらい、ちょっとずつ気がつくことがある感じ。まあそのあたりは、描き続けるしかないなあ。しかたない。

コミケが終わったらまたいろいろやりたい。

作品作ってるとまた次に何かしたいな!という気分が湧き上がってくる。こういうのは本当にいいことだと思う。やる気があるのはつくづく嬉しいことだ。

 

 

一二三さんの絵、キウンが好きすぎて大きめに描いたけど、どうにも燃えてるように見えてしまってしかたない…。新刊ではレイアウトの関係でキウンも大多数の『仲間たち』も裏表紙にいます。表紙は一二三さんが目立つような配置にしてみた。

 

広告を非表示にする

お疲れ様でした…

C92のイラスト本を入稿しました。

とりあえず印刷所にお願いする分はこれで完了です。

表紙はいつもマットPPにしているんですが、せっかくなので特殊紙を選んでみました。キラキラパールのはずです。一回やってみたかった。

 

学生時代ぶりに2度も完徹してしまいました。

当時は何も考えずにずっと起きていたのですが、もうそんな体力も無いので目の前のスマホとパソコンから得た知識でカバーだ。15分と90分の仮眠を使い分けて睡魔とそれなりにやり合い打ち勝ちました。眠気の来る前に事務ページ片付けたり、時間が無いのにイラレでドロップキャップに挑戦したり。我ながら良くやった。本当に。

普段仕事から帰ってくると何もできないので、ここ数ヶ月は3時半~4時起きの生活を続けていました。これは結構良いかも。

コミケまでもう休みは無いので準備はぼちぼち進めていかないとなー。お品書きも簡単に作ったほうがいいかな(ここでの告知になるとは思いますが)。よろしくお願いします。

 

作業の合間は(ずっと同じことを考えていると煮詰まるから)オリジナル作品のネタばっかり考えていた。漫画にでもできたらいいな。

広告を非表示にする

とりあえず入稿しました

漫画本のほう…。変なところにこだわりすぎてこんな時間になってしまった。

まだだ まだ終わらんよ(いろんな意味で)

広告を非表示にする